レンタルオフィスでラクラク開業【開業費用を節約大作戦】

説明

低コストでお店を開業する

設備や什器をそのまま利用

調理

独立して居酒屋やラーメン店などを開きたいと考えている人にとって、大きな課題となるのが開業資金の確保です。というもの飲食店の場合、厨房機器や食器類を調えなくてはならないばかりでなく、集客力を高めるためには内装やテーブルセットなどにもお金を惜しむことができないため、非常に多額の費用が必要となるからです。ただ、工夫次第ではこうした費用負担を低く抑えることも可能です。その1つの方法が、居抜き物件を利用することです。居抜き物件とは前のテナントが残していった設備や什器などをそのまま利用できるという特徴をもった不動産物件のことをいいます。店舗用、中でも飲食店用の物件に多く見られ、売買・賃貸いずれの物件も存在します。

開業準備期間も短縮可能

居抜き物件の最大のメリットは、何と言っても開業資金を低く抑えることができるという点にあります。たとえば大阪で飲食店を開くとします。大阪といえば「食い倒れの街」という異名があるくらい食文化の発達した地域であり、当然、店同士の競争も熾烈です。また、大阪の人々は価格に敏感であることでも知られています。こうした特色を持つ大阪で飲食店を成功させるには、できるだけ低価格で高品質な料理を提供する必要があります。居抜き物件を利用すれば、什器等の購入費用や内装工事に要する費用を節約することができるため、その分を食材の仕入れ等に回すことが可能になります。もちろんインテリア等が必ずしも自分の好み通りにはならないという点には注意が必要ですが、新たな工事が不要である分、費用面だけでなく準備期間の短縮にもつながるというメリットも併せ持っています。